×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP / 掲示板へ

はじめに読んで下さい

趣旨

本掲示板は、ゲーマー向けの大型テレビとして重要になる、表示遅延の検証画像をまとめることを目的としています。表示の遅延は、普通にテレビを見る分には気にもならない話ですが、シビアな応答が要求されるゲームなどで大きな問題となっています。テレビ選びの一助となれば幸いです。

取り扱う情報

ここでは、値の信憑性を重視するため、実際の検証写真を伴った情報のみを保管対象とします。すでに検証されている機種を、個人的に同じ検証を行い、同等の結果が出たとしても、遠慮なく報告願えたら幸いです。実証数の揃った情報は信憑性が増します。ゲームモードや倍速設定を変えたデータなども重要です。

主な注意点

本掲示板の発起は、2chの「ゲーム」カテゴリ内「ハード・業界」板の「ゲームに適した液晶テレビ」スレッドからですが、液晶にこだわらず、プラズマや、今後出てくるであろう?有機ELやSED等も対象とします。但し薄型テレビには限定しますので、ブラウン管テレビは除外させていただきます。

検証画像のアップロードは、「⇒計測画像アップはこちらへ。」と書かれた板へ、以下のテンプレートに従ってお願いいたします。

メーカー     :
機種        :
パネルタイプ :液晶 or プラズマ
接続端子    :
解像度      :
倍速        :On or Off
比較モニター :      ←PS3を使った検証の場合は不要
遅延値      :
備考        :

動画は10Mbyte以上アップできませんので注意してください。

メーカー別の板はありますが、書き込めないようにしています。混乱を防止するため、手動で該当板へ移動する方針のためです。速やかな移動は心がけますが、数日待つ気持ちでお願いします。

尚、アップ板で、幾分雑談が混じってもかまいません。

計測には、昔から使われているCRT(ブラウン管モニター)を使った方法の他に、PS3とハイビジョンムービーカメラを利用したものが考えられています。機材のそろえやすい方で行うといいでしょう。

CRTを使った計測の仕方

機材の準備

検証写真を撮るには、対象となるテレビ以外に以下の材料が必要となります。

・DirectX9が使えるPC
・映像出力が2系統以上あるビデオカード
・ブラウン管モニター
・デジカメ

また、2つの画面に同じ映像を写す必要があるため、ビデオドライバーに「クローン」の設定が必要となります。ドライバーの設定にこれが無い場合も続行不可能です。

そしてなにより、これらの材料を至近距離に持ってこられる環境が必要でしょう。

※注意
ブラウン管モニターなど、現在なかなか環境が揃わない人も多いと思われますので、代わりにパソコン向けの液晶モニターも許容範囲といたします。但しその場合、必ずモニターのメーカーと型番を明記してください。
また、ノートパソコンにS端子やHDMI端子があれば、上の3つはひとつにまとめることも可能です。

手順

1)まずパソコンに、以下のサイトよりストップウオッチのソフトをダウンロード、解凍しておいて下さい。
http://bygzam.seesaa.net/article/110314791.html
2)テレビとパソコンモニターを並べて配置し、2つをPCと接続する。
3)ビデオドライバーの設定画面を開き、2つの画面を「クローン」モードに設定する。(テレビとパソコンモニターに、同じ画面が表示されます。)
4)先ほどダウンロードしたストップウオッチソフトを起動してください。すぐにカウントが始まります。
5)デジカメを構え、表示が60fpsで、かつ画面にwarningが安定して出ない瞬間に、二つの画面がひとつのフレームに収まるように撮影してください。
注意:デジカメは、シャッター速度があまりに遅いと文字がぶれます。撮影してみて文字が判断できないような場合は、シャッター速度を1/60以下に設定してみてください。

円の中、三行ある計測値の最上段がフレーム値です。テレビの値とモニターの値を差し引きした値が、遅延フレーム数となりますが、±1の誤差があります。 。

PS3とハイビジョンカメラを用いた計測の仕方

機材の準備

検証写真を撮るには、対象となるテレビ以外に以下の材料が必要となります。

・PS3
・ハイビジョンビデオカメラ(要60fps撮影機能)

 ハイビジョンタイプのビデオカメラは、概ね60fps撮影の設定があると思われますが、絶対ではありません。パソコンで動画を取り込み、再生した際、QuickTimeなら[ctrl]+[I]、GOMplayerなら[CTRL]+[F1]で情報が出ますので、そこのfpsにあたる表記が「59.94」になっているか確認しておいてください。

手順

1)PS3のXMBで、設定→周辺機器設定→コントローラー割り当て と選んでコントローラーの番号割り当てを変更する設定画面を呼び出す。
2)コントローラーの上下で番号を現状と違うものにもってゆく。(まだ決定を押さない)
3)ビデオカメラを構え、テレビとコントローラーを一緒にフレームに入れて撮影開始。
4)撮影が始まったら○ボタン押下。
5)録画停止。
6)パソコンで動画を取り込み、GOMplayer等コマ送りの可能なツールで再生。コントローラーのLEDが変化してから画面に変化が現れるまで何コマかかっているかをコマ送りで数える。
7)その結果から2を引く。それが遅延しているフレーム数です。

上記、手順7での「2」というのはCRTの結果です。遅延なしとされるCRTとの差を求めて遅延と判断するのがこの方法です。